フルートの買取価格の相場を調査!高く売れるメーカーはどこ?

フルートのメーカーごとの買取価格の相場などについてまとめました。
高価買取のコツなども記載してあるので、フルートを売ることを考えている人は是非参考にしてみてください。

不要になったフルートはどうやって処分する?

フルートを処分するなら買取に出すのがオススメ!

バロック音楽時代では「フルート」と言うと、リコーダーなどの縦笛を指し、現代のフルートのような横笛は「フラウト・トラヴェルソ」と呼ばれていました。

本来は木で作られた物が主流でしたが、現在では金属製の物がフルートとして知れ渡っています。

金属で出来ているものの、リードを使わないエアリード式の楽器のため木管楽器の1つとして分類されています。

女性奏者が多いようなイメージがありますが、もちろん男性のフルート奏者もおり、落ち着いたクラシックから活発なジャズ調の曲まで様々なジャンルで活躍できる楽器です。

学生の頃部活動で使っていたフルートを処分したい、趣味でやっていたが吹く時間がなくなったので売りたいなどフルートを手放す理由は様々ですが、そのような時には楽器の宅配買取サービスの利用がオススメです。

買取サービスを利用すれば、不要になったフルートを簡単にお金に換えられ、引き取られた楽器も新しいオーナーの元へと行くので安心して手放せます。

リサイクルショップや楽器の中古買取をやっているお店などの利用を考える方も多いですが、できるだけ高い価格で買い取って貰いたいなら楽器の宅配買取サービスの利用が一番です。

フルートを高価買取して貰うためのポイントは?

フルートは査定前に綺麗に磨いておく

査定時の楽器の見た目は買取価格を決めるうえで重要なポイントのため、できるだけ綺麗な状態にしておきましょう。

最近まで演奏していた場合はもちろん、しばらく使っていなかったという人も楽器をケースから出して綺麗に汚れを拭き取ってください。

専用クロスで指紋や汚れを取るために全体を乾拭きするだけでも十分綺麗になります。

この際強くキィ部分を握って壊したりすることの無いよう注意して下さい。

キィの隙間が汚れている場合には、綿棒など細い物を使うと溜まった汚れが落ちやすいです。

ジョイント部分の掃除も忘れずに

フルートを磨いている時に忘れがちになるのが、ジョイント部分です。

ジョイント部分に汚れが溜まることで組み立ての際に支障をきたすこともあるので小まめに拭く習慣をつけることをオススメします。

汚れやすい部分でもあるので使い終わった後には入念にポリシングクロスやガーゼを使ってお手入れするようにして下さい。

また、ジョイント部分だけでなく、演奏後の管内やタンポもクリーニングロッドなどを使ってしっかりと水分除去するようにしましょう。

水分をそのままにして置くと、サビなどの原因にもなるので要注意です。

楽器と一緒に付属品も買取に出す

付属品や説明書など、購入した時に同封されていた物は全てまとめて買取に出すようにしましょう。

付属品が全て揃っているだけでも買取価格のアップが期待できるので、しっかりと保管してあるという方は全て忘れずに買取に出しましょう。

もちろん購入時にフルートが入っていた純正ケースも付属品にあたるので、買取に出す際はケースに入れて一緒に売るようにしてください。

フルートの買取で人気のメーカーは?

YAMAHA(ヤマハ)

有名な総合管楽器メーカーのヤマハから販売されているフルートも買取市場では人気が高いです。

フルートの種類は大衆向けのスタンダードモデルから、プロフェッショナル、ハンドメイドなど豊富な品揃えとなっています。

他のフルートに比べて明るい音色が特徴で、演奏がしやすいこともあって初心者からの人気も高いです。

更に高いモデルの物になると音色にも深みが出て上品になってきます。

ヤマハのフルートは買取市場でも人気が高いため、スタンダートモデルからプロフェッショナルまで全てのモデルが買取可能と考えて良いでしょう。

初心者が練習用として中古のヤマハフルートを購入することもよくあるので、いらなくなったヤマハのフルートは買取に出すことをオススメします。

ムラマツ(村松)

ムラマツは日本のフルートメーカーで、「MURAMATSU」というブランド名は世界的にも知られているいる程です。

村松フルートの創業者でもある村松孝一は日本の国産フルート製造の第一人者です。

ハンドメイド製造にこだわった精度の高いムラマツフルートは、フルートメーカーの中ではトップクラスに位置しています。

深みのある音色が特徴で、通称「ムラマツトーン」と呼ばれる音を引き出すのが難しいこともあって初心者よりは上級者・プロの方が好んで使う傾向にあります。

演奏者を選ぶフルートにはなりますが、中級者から上級者には非常に人気が高いので買取市場でも需要が高いことは間違いありません。

また、フルートに慣れて来た奏者がマツムラフルートに新調する場合もあるので、中古での人気も高いです。

Altus(アルタス)

アルタスは長野県で製造されているハンドメイドフルートのメーカーです。

フルート奏者や音楽家との交流を重ねて楽器への理解を深めながら、職人たちが1本ずつ丁寧にフルートを作っています。

アルタスはフルートメーカーの中では新しい方ですが、癖の少ない音色が特徴なこともあり初心者からの人気が高いフルートです。

音量は少々控えめになっていますが、奏者の個性が出しやすいアルタスはフルートを始めたばかりの人や趣味で演奏している人には好まれています。

新たにフルートを始めようと考える人で、アルタスのフルートの購入を検討することも多いので中古でも需要は高いです。

そのため不要なアルタスフルートがある場合には買取を利用するのがオススメです。

フルートの買取相場と高く売る方法

フルートの買取価格の相場は?

フルートはもちろん楽器全般に言えることですが、使用年数やメーカー、モデル、楽器の状態によって買取価格は大きく変化するため査定額を断定するのは難しいです。

正確な価格を確認する一番の方法はネットの買取サービスの無料査定を利用して見て貰うことです。

しかし、メーカーやモデルでおおよその買取価格を把握することは可能なので、一例としていくつかの楽器メーカーの相場をご紹介します。

大衆向けのヤマハはスタンダード、プロフェッショナル、ハンドメイドのどのモデルにあたるかで価格は異なりますが、一般的な相場は23,000~65,000円程とそれなりの値段です。

当然定価が高いモデルのフルートは更に高値で買い取られる可能性は十分にあります。

アルタスは状態が綺麗な物なら70,000円前後で取引されることが多いです。

フルート界のトップクラスに位置するムラマツフルートの場合、買取価格の相場は24,000~323,000円と非常に高めです。

ムラマツは昔のモデルなどになると更に買取価格が上がる場合もあります。

フルートを高く売りたいなら宅配買取がオススメ!

楽器の買取を行っているところは、リサイクルショップや中古楽器店など様々ですが、買取価格を高くしたなら楽器の宅配買取サービスの利用がオススメです。

実店舗を構えている所より人件費・運営費をコストカットすることが可能なため、浮いた利益を買取価格に上乗せすることができます。

そのため、Webに特化した買取店を利用することで他のお店よりも高い値段で買い取って貰えます。

また、楽器は買取店に持ち込みするとなると重さもあるので手間がかかりますが、宅配買取なら楽器を送るだけなので、わざわざ自分が運ぶ必要がありません。

楽器の買取比較ランキングに掲載されているお店は送料・手数料が無料なので、余計なコストをかけずにフルートを買取に出せます。

もちろん買取金額に納得がいかなかった場合には査定料もかからずキャンセルできるので、初心者の方でも安心して利用できます。

フルートの専門知識があるお店に買取に出すのが一番なので、まずはランキングのお店を参考に査定に出してみるのが良いでしょう。

フルートは人気の木管楽器のため、中古で購入を考えている人は学生から大人まで様々です。

ネットの宅配買取を利用すれば、簡単にお金に換えられると共にしっかりと新たなオーナーの元へ届けられるので安心です。

↑PAGE TOP