ギターの買取価格の相場は?アンプやエフェクターも売れる?

エレキやアコギなどのギターを買取にだした際にはどのくらいで売れるのか、相場価格や人気ブランドについて調査しました。
高価買取のコツもまとめてあるのでギターを売る予定の方は是非参考にしてください。

ギターを処分するのにオススメの方法は?

ギターは中古でも買取市場で大人気の楽器!

ギターは弦楽器の1つで、ピックや指で弦を弾くことによって音を奏でます。

クラシックからジャズ、ロック、フラメンコ、フォルクローレ、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで活躍しています。

ギターの中でもアコースティックギターやエレキギターと種類が分かれますが、どちらも人気のある楽器です。

学生時代に部活動で使っていた人もいればバンドで演奏していた、大人になってから趣味として1人で始めたなどギターに接する機会は多いです。

社会人になって演奏しなくなった、新しいギターに新調するので売って資金に充てたいなど今のギターを手放す理由は様々かと思いますが、ギターを売るなら楽器の宅配買取サービスの利用がオススメです。

宅配買取を利用すれば手間なく楽器を換金できる他、大切に使ってきた楽器は新たなオーナーの元へといくので気分良くお別れすることができます。

また、出張買取のサービスもあるのでギターのように大きい楽器も買取店に持ち込みせずに売ることが可能です。

ハードオフなどのリサイクルショップよりも高価買取が期待できるので、ギターを売ろうと考えている方はぜひ宅配買取サービスの利用を検討してみて下さい。

ギターの買取価格アップのためにしておきたいこと

ギターの状態は綺麗にしておく

ギターを高価買取して貰う為には、まず楽器の見た目を綺麗にする必要があります。

楽器の状態が良い程査定額もアップするので、しばらく演奏していないという方も一度ケースから出してギターを磨いてあげましょう。

基本的には何も付けず専用クロスで拭き取るだけでも埃や汚れなどは取れます。

演奏し終わった後には指紋や汗などでギターは汚れてしまうものなので、日頃から使用後には拭いてあげる癖をつけておくと良いでしょう。

表板・裏板・側面板・ヘッド・ネック・弦を綺麗に拭いたらケースに入れて立てて置きます。

エレキ・クラシック問わず、ギターに埃が付着しているとサウンドがこもって聞こえる原因になります。

音が正常にでるかどうかも査定の際のチェックポイントになるので査定前には十分に掃除してあげましょう。

汚れが落ちにくい場合にはポリッシュの利用も考える

汗・指紋などの汚れは付着してすぐならクロスで拭うだけで取れますが、時間が経つと落ちにくくなります。

そのような時にはクロスだけでなくポリッシュなどを利用して磨くのも一つの手です。

ポリッシュを使う時に注意したいのが、ギターに直接かけずにクロスに吹きかけて使うという点です。

ダイレクトにギターにかけると指板・ボディ問わずに表面を傷める原因になります。

クロスに何滴か染み込ませて、それでギター本体を拭くようにしましょう。

また、ポリッシュの他にもギター用ワックスをつけて磨くことで汚れが落ちる他、ボディの艶出しなどにも繋がります。

ただし研磨剤の強いポリッシュを使うと楽器を傷つける恐れがあるので使い過ぎには注意する、もしくは研磨剤の入っていない物を選ぶことも重要です。

楽器と一緒に付属品も買取に出す

付属品や説明書、アダプターなどの周辺機器といった購入時に同封されていた物は全てまとめて買取に出すようにしましょう。

付属品が全て揃っているだけでも買取価格のアップが期待できるので、しっかりと保管してあるという方は全て忘れずに買取に出しましょう。

購入時にギターが入っていたケースも付属品にあたるので買取に出す際はケースに入れて一緒に売るようにしてください。

不要なアンプやエフェクターも一緒に買取に出そう!

楽器買取比較おすすめランキングで紹介しているお店は、ギターだけでなくギターアンプやエフェクターの買取も実施しています。

不要な場合はそちらもまとめて売ることで更に買取価格が上がる可能性があります。

買取サービス利用の際は、商品を複数まとめて売ることで全体の買取価格がアップする傾向があるため、不要な楽器が複数ある場合や使わなくなった周辺機器などがあればまとめて査定に出すことをオススメします。

ギターの買取で人気のメーカーは?

Fender(フェンダー)

ギターのメーカーでは割と名の知れているフェンダーは、Fender USA、Fender JAPAN、Fender Mexicoなど製造している国によって異なる呼称がついています。

この中でも特に買取市場で人気が高いのがFender USAになりますが、その他のFender のギターも頻繁に取引されています。

元々Fenderはエレキギター、ベース、アンプなどの電気系のイメージを多く持たれていましたが、エレキから持ち替えても違和感を感じにくいとしてFenderのアコギを好んで使っている人も多いです。

Fender のアコギはRancidのギターボーカルであるティム・アームストロングや、シンガーソングライターの新山詩織が使っていることでも知れています。

Fenderのギターはエレキ・アコギ・製造国問わずに中古で需要があるため不要な場合には買取に出すことをオススメします。

Ovation(オベーション)

オベーション・ギターカンパニーによって独自設計されたブランド“Ovation”のエレキ・アコースティックギターは買取市場でも人気があります。

強化プラスチックによるラウンドバックがOvationギターの特徴で、軽量で扱い安いのに壊れにくい性質を持っています。

また、「アダマス」「エリート」のモデルで採用されている大小のサウンドホール「リーフホール」もOvationならではのデザインです。

ギタリストのリッチー・サンボらもOvationのダブルネックを演奏に用いています。

Ovationのギターはアコギ・エレキ問わずに人気があり、中古での購入を考えている人も多いです。

Ibanez(アイバニーズ)

Ibanezはスティーヴ・ヴァイ、ポール・ギルバート、ジョー・サトリアーニといった凄腕のギタリストが愛用していることが多い為、エレキギターの中でも有名なブランドです。

ネックが薄く造られているのも特徴で、テクニカルプレイをする際の指への負担が軽減されるので好んで使っている技巧派プレーヤーも大勢います。

Ibanezはエレキギターに対する知名度の方が若干高めですが、アコースティックギターの人気も同様に高いです。

ギター初心者にもフィットする扱いやすい楽器なので、ギターを新たに始めようと考えている人たちが中古での購入を検討することも多いです。

Epiphone(エピフォン)

エピフォンからは、ギター初心者が最初の1本として使う低価格の物からプロのギタリストが愛用する高価な物まで幅広い種類がリリースされています。

ビートルズのトレードマークとしても有名な“Casino(カジノ)”もEpiphoneのギターです。

ポール・ギルバートが使用していた“Wilshire(ウィルシャー)”、奥田民生モデルの“Coronet(コロネット)”など様々なオリジナルモデルが誕生しています。

ギター入門者からギターの演奏になれてきた中級者まで、Epiphoneの中古ギターを購入しようと考える人は多いです。

高いグレードだけでなく、元々低価格のギターでもEpiphoneのギターは買取歓迎されているので、不要な場合はモデル問わずに買取に出しましょう。

Gibson(ギブソン)

Gibsonはテネシーのナッシュビルに本社がある「ギブソン・ギターコーポレーション」が提供するブランドです。

エレキ・アコギギター、ベースといった楽器に加えてアンプやエフェクターの販売も手掛けています。

Gibsonでは伝統的なヴァイオリン製法に基づくセットネック方式が採用され、ボディとネックに角度が付けられていりのが特徴です。

一部のモデルで見られるカーブが特徴的なボディもヴァイオリンから由来しており、このデザインを好んでいる人も多いです。

Gibsonのギターに憧れを抱いているギタリストは多く、中古でも良いからGibsonのギターを愛用したいと考える人は少なくありません。

また、Gibsonのギターは中古でも高価買取が期待できるメーカーの1つでもあるので、不要な場合は買取サービスに売ることをオススメします。

ギターと関連用品の買取相場や高く売るコツ

ギターの買取価格の相場はどのくらい?アンプの相場も紹介!

ギターに限ったことではありませんが、楽器は使用年数やメーカー、モデル、コンディションによっても買取価格が変動するため、いくらで売れると断言するのは難しいです。

ハッキリとした価格を知ってから買取に出すかを考えたい方は、ネットの宅配買取サービスの無料査定の利用をオススメします。

一例にはなりますが、実際にギターを買取に出した場合にどの程度の値段で取引されているのかを紹介します。

Fenderのギターは「USA ストラトキャスター1965」が700,000円程、「USA JAZZMASTER USA 1964」が350,000円程、「Custom ストラトキャスター Jeff Beck Todd Krause」が320,000円程で買取されることが多いです。

Ovationのギター「Super Adamas 1687-8」が200,000円程、Ibanez「RG8570ZXX-NTF j.custom 20th Anniversary」「JEM7EAFX-BK Steve Vai Signature」が150,000円程、「RG8570Z PA」が85,000円程です。

Epiphone「Custom Shop Tak Matsumoto DC EB エボニーブラック」が23,000円程と、メーカーやモデルによって買取価格は大きく異なります。

もちろん状態が良ければ更に査定額がアップすることは十分あり得ます。

また、ギターのアンプも「Marshall」の物なら45,000~7,000円程度、「Roland」の物は6,000~10,000円程度で買取されています。

アンプもメーカーによって買取価格が大きく異なるので一度査定に出すことをオススメします。

ここでは記述されていないSchecter(シェクター)、Steinberger(スタインバーガー)、Teodoro perez(テオドロペレス)、その他のギターブランドも買取対象商品となっています。

ギターを高く売りたいなら宅配買取がオススメ!

楽器の買取を行っているところは、リサイクルショップや中古楽器店など様々ですが、買取価格を高くしたなら楽器の宅配買取サービスの利用がオススメです。

実店舗を構えている所より人件費・運営費をコストカットすることが可能なため、浮いた利益を買取価格に上乗せすることができます。

そのため、Webに特化した買取店を利用することで他のお店よりも高い値段で買い取って貰えます。

また、楽器は買取店に持ち込みするとなると重さもあるので手間がかかりますが、宅配買取なら楽器を送るだけなので、わざわざ自分が運ぶ必要がありません。

楽器の買取比較ランキングに掲載されているお店は送料・手数料が無料なので、余計なコストをかけずにギターを買取に出せます。

もちろん買取金額に納得がいかなかった場合には査定料もかからずキャンセルできるので、初心者の方でも安心して利用できます。

ギターの専門知識があるお店に買取に出すのが一番なので、まずはランキングのお店を参考に査定に出してみるのが良いでしょう。

ギターは趣味の楽器としての需要も高く、中古で購入を考えている人は学生から大人まで様々です。

ネットの宅配買取を利用すれば、簡単にお金に換えられると共にしっかりと新たなオーナーの元へ届けられるので安心です。

↑PAGE TOP