バイオリンの買取価格の相場は?買取での人気メーカーも紹介!

バイオリンを高値で買取して貰うコツや、人気のメーカーについて紹介しています。
失敗しない買取店の選び方についてもまとめてあるのでバイオリンを売る際にはぜひ参考にしてください。

バイオリンを処分する時のオススメの方法は?

処分としてバイオリンを売る人は多い

バイオリンはバイオリン属に属する4つの楽器の中で最も高音を奏で、弦楽器の中でも花形的存在に位置しています。

ヨーロッパ音楽で頻繁に使われ、初期は歌やダンスの伴奏として用いられることが多かったものの、後に宮廷のオーケストラの楽器としても取り入れられるようなりました。

学生時代に管弦楽部で活動していた人や習い事の一環としてバイオリンを演奏していた人もいるでしょう。

社会人になってバイオリンを演奏している時間がなくなった、楽器を新調したいから古い物は売ってしまいたいなどバイオリンを手放す理由は人によってそれぞれです。

不要になったバイオリンを処分するにあたって楽器中古店やリサイクルショップの利用など方法は様々ですが、高く売りたいなら楽器の宅配買取サービスがオススメです。

買取サービスを利用することで今まで大切に使ってきたバイオリンが手間なく新たなオーナーの手に渡ります

資金が手に入るだけでなく、気持ちよく楽器とお別れすることができるので宅配買取サービスはオススメできる楽器の処分方法です。

バイオリンを売る時の高価買取のコツは?

買取に出す前に綺麗にしておく

買取に出した時の楽器の状態でも買取価格の査定に影響が出るため、できるだけ綺麗な状態にしておくのが良いでしょう。

バイオリンは弦と指板を専用クロスで乾拭きして指紋や松脂をとってあげましょう。

指紋・手垢などを拭き取る物と松脂専用の物とでクロスを1枚ずつ用意して拭いてあげると良いでしょう。

ネックやあご当て部分も汗などで汚れがつきやすい場所なので忘れずに綺麗にしてください。

また、しばらく使っていなかった場合は埃などが付着していることもあるので全体的に乾拭きするようにしましょう。

クリーナーを使うなら注意が必要

松脂や汗などは楽器を使ってすぐなら乾拭きでも綺麗にとれますが、時間が経つとなかなか汚れが落ちなくなってきます。

そのため普段から演奏後はすぐに汚れを拭き取る習慣をつけておくと良いでしょう。

表面の汚れが酷いときは専用クリーナーを使うのも1つの手ですが、研磨成分が多い物を使うと楽器を傷める可能性が高くなります。

クリーナーを使うことで表面の汚れも落ち、ニスの光沢に磨きがかかるので見栄えはよくなりますが、クリーナーによって研磨力も異なるので扱う際には注意して下さい。

初心者の方がお手入れする場合にはYAMAHAから出ている「弦楽器ポリッシュ」なら研磨剤も入っておらず、安心して楽器を拭けるのでオススメです。

クリーナー自体に研磨剤が入っているとニスが削れてしまうことがあるので、クリーナーもを選ぶ際も気をつけるようにしましょう。

弓のお手入れも忘れずにする

バイオリン本体を綺麗にし終えたら、弓も一緒にお手入れをするようにしましょう。

もちろん弓の状態も査定の際は見られるので綺麗にしておくことで査定額がアップする可能性があります。

弓をクロスで拭く際は、弓毛部分は拭かずに棹(スティック)の部分だけを乾拭きします。

弓毛を掃除しようとクロスなどで拭くと、かえって毛を傷める原因になるのでお手入れは棹だけで問題ありません。

楽器と一緒に付属品も買取に出す

付属品や説明書など、購入した時に同封されていた物は全てまとめて買取に出すようにしましょう。

付属品が全て揃っているだけでも買取価格のアップが期待できるので、しっかりと保管してあるという方は全て忘れずに買取に出しましょう。

もちろん購入時にバイオリンが入っていた純正ケースも付属品にあたるので、買取に出す際はケースに入れて一緒に売るようにしてください。

バイオリンの買取で人気のメーカーは?

YAMAHA(ヤマハ)

大手楽器メーカーのヤマハからもバイオリンが販売されており主に「Artida(アルティーダ)」「Braviol(ブラビオール)」の2種類となっています。

特にブラビオールはバイオリンの中では手頃な値段で手に入ることもあって人気があります。

ヤマハのバイオリンはプロのバイオリニストよりは、初心者や趣味で演奏を楽しむ方から多くの支持を得ています。

ジュニアモデルの分数バイオリンも販売されているため、初めてバイオリンを習う子どもにも重宝されています。

初めてのバイオリンや買い替えとしてヤマハの物を利用する人は多い為、買取市場でもヤマハは人気が高いです。

Karl Hofner(カールヘフナー)

通称「ヘフナー」とも呼ばれる1887年創業のドイツの老舗の楽器メーカーです。

ヴァイオリンの他にもチェロ、コントラバス、エレキギター・ベースといった弦楽器を中心に製造販売しています。

ドイツの地で伝統的な手法によって仕上げられたヘフナー・バイオリンはモデルによって異なる落ち着きのある色合いや、ニスの光沢が非常に魅力的です。

伸びの良い音色で、繊細な音楽を表現するのも特異なヘフナーはバイオリンを弾く人なら一度は憧れる存在です。

120年の歴史を誇るバイオリンであり、買い替えを期にヘフナーの利用を考える人も多いでしょう。

そのためヘフナーは中古でも人気のあるバイオリンの1つとなっています。

Suzuki(スズキ)

正式名称を「スズキバイオリン製造」と言い、日本で初めてバイオリンを製造販売したメーカーになります。

1つずつ職人によって丁寧に仕上げられたバイオリンは音色も質が高いです。

また、学習用バイオリンとしての人気が高いのも特徴で日本各地にある音楽教室などでも多く用いられています。

「No.230」などは音色もよく値段も手頃なため初心者で利用している人も少なくありません。

更に質の良い物を使いたくなれば「No.300」を使うなど、スズキのバイオリンを好んで長く使っている人も多いです。

国産バイオリンの先駆けとなったSuzukiのバイオリンを手に取りたいと考える人も多いため、中古でも需要が高い傾向にあります。

バイオリンの買取相場と高価買取方法

バイオリンの買取価格の相場は?

バイオリンを売る場合に見られるポイントは、メーカー、モデル、楽器のコンディションなど様々です。

そのため、一言でどこのメーカーならいくらで売れる、と断言するのは難しいです。

バイオリンだけに限ったことではありませんが、楽器は同じメーカーの物でも価格の幅が広く、メーカーだけで買取価格は決められません。

一例になりますが、ヤマハの「SV-200」は25,000円程、ヘフナーの「No.341」は120,000円程、とメーカーやモデルによって価格は大幅に異なります。

上記で紹介したメーカー以外にも、Josef Lorenz(ヨゼフ・ロレンツ)やPygmalius(ピグマリウス)、Carlo giordano(カルロジョルダーノ)、San Antonio(サン・アントニオ)など買取市場で人気の高いバイオリンは多く存在するので、正確な買取価格が知りたい場合にはネットの無料査定を利用することをオススメします。

バイオリンを高く売りたいなら宅配買取がオススメ!

楽器の買取を行っているところは、リサイクルショップや中古楽器店など様々ですが、買取価格を高くしたなら楽器の宅配買取サービスの利用がオススメです。

実店舗を構えている所より人件費・運営費をコストカットすることが可能なため、浮いた利益を買取価格に上乗せすることができます。

そのため、Webに特化した買取店を利用することで他のお店よりも高い値段で買い取って貰えます。

また、楽器は買取店に持ち込みするとなると重さもあるので手間がかかりますが、宅配買取なら楽器を送るだけなので、わざわざ自分が運ぶ必要がありません。

楽器の買取比較ランキングに掲載されているお店は送料・手数料が無料なので、余計なコストをかけずにバイオリンを買取に出せます。

もちろん買取金額に納得がいかなかった場合には査定料もかからずキャンセルできるので、初心者の方でも安心して利用できます。

バイオリンの専門知識があるお店に買取に出すのが一番なので、まずはランキングのお店を参考に査定に出してみるのが良いでしょう。

バイオリンは人気の弦楽器のため、中古で購入を考えている人は学生から大人まで様々です。

ネットの宅配買取を利用すれば、簡単にお金に換えられると共にしっかりと新たなオーナーの元へ届けられるので安心です。

↑PAGE TOP