楽器買取比較おすすめランキング 最新版

楽器を無料で処分する方法

楽器の処分は無料でできる?損せずお得に手放す方法を解説!

楽器をゴミに出す時や、寄付・譲渡によって処分する際の注意点を解説しています。
また、無料で楽器を処分したり、現金化するお得な方法もまとめたので、余計なお金をかけずにいらない楽器を手放したい人は必見です。

楽器にはどんな処分方法がある?

1.粗大ごみとして回収してもらう

楽器の処分を考えた際に最初に思いつくのがゴミとしての処分かと思います。

捨てる楽器のサイズや素材によって処分方法が異なるので、各自治体の案内にそって捨てるようにしましょう。

管楽器や弦楽器などを捨てる場合、300~700円程の処分費が発生する地域もあるので事前の確認は欠かせません。

サックスやギター、ヴァイオリンなどはお金を払えば比較的簡単に処分できるものの、ピアノやキーボードのような大きい楽器は回収不可となっている場合が多いです。

大きなサイズの楽器を捨てるなら廃棄物処理課などに直接連絡をとる必要があるので、勝手にゴミ捨て場に捨てないように注意してください。

2.寄付や譲渡をする

楽器がまだ使用できる状態であれば、捨ててしまわずに誰かに譲るというのもありです。

児童養護施設や保育所、キッズオーケストラなど、楽器の寄付を受け付けている団体や施設もあるほか、途上国や楽器の個人スクール経営をしている所でも楽器を必要としている場合があります。

また、SNSなどで無料で楽器を譲渡する旨を書き込めば、貰い手を簡単に見つけることができるでしょう。

ただし、寄付をする場合送料などが自己負担になってしまううえに、面識のない人とのやり取りはトラブルに発展するケースもあるため、その点も踏まえたうえで寄付や譲渡を検討するようにしてください。

3.買取サービスを使って売却する

寄付や譲渡先を見つけるのではなく、買取店などに売却するのも一つの手です。

買取なら不要な楽器を片づけられるだけでなく、お金に換えることができるので一石二鳥の処分法と言えます。

粗大ごみとして捨てるとお金がかかってしまいますが、買取なら無料で手放せるので処分に費用をかけたくない人にもピッタリでしょう。

また、買取なら今まで大切に扱ってきた楽器を次の持ち主に使ってもらえるので、リサイクルにも繋がります。

もう自分では演奏することはないけど、愛用していた楽器を捨ててしまうのは気が引けるという方にもおすすめです。

楽器の処分で買取が一番おすすめな理由とは

買取サービスを使えば完全無料で楽器が処分できる!

ゴミとして回収してもらったり、寄付・譲渡をする場合は処分費や送料がかかってしまいます。

しかし、楽器の買取サービスなら利用料などは発生しないのでお金をかけずに不要な楽器を処分することができるのです。

宅配買取の場合は送料や梱包材はお店が負担してくれるのに加えて、大きな楽器を売る場合でも無料で自宅まで出張に来てくれるので問題ありません。

万が一買取に出して納得のいかない金額になってしまっても、無料でキャンセル・返送してもらえるため、不満な価格のまま手放すこともなく安心です。

楽器の買取サービスを利用するうえでお客様が金銭的な負担を負うことはないので、処分方法に悩んでいる方は一度利用してみると良いでしょう。

リサイクルショップやフリマアプリの利用は注意!

今は楽器を扱っているリサイクルショップも増えてきていますが、損せず売りたいならリサイクルショップのように楽器専門の査定士が在籍していないお店の利用は控えた方が良いでしょう。

状態の良い楽器や元値が高価な物を売っても、価値が分からないため安値を付けられてしまう可能性が高いです。

また、フリマアプリやネットオークションでも楽器を売ることは可能ですが、どちらも会員費や販売手数料、送料などが引かれてしまい、意外と手元に入って来るお金が少ないので気を付けましょう。

さらに、「写真で見たより楽器の状態が悪いから返品したい」「音が悪いので返金してほしい」など、商品を送ってからクレームを付けられてしまうケースもあるため取引の際は十分な注意が必要です。

高価買取を狙うなら楽器の専門店を利用しよう

「どうせ手放すなら高く買い取って欲しい」と思う方は、リサイクルショップを利用したり、フリマアプリやネットオークションで個人取引をするよりも楽器専門の買取店を利用するのがおすすめです。

専門店なら楽器に精通したプロの査定士が査定するので、楽器に見合った正当な価格で買取してくれます。

リサイクルショップに持ち込んだりするより高値が付きやすいため、高価買取を狙うなら専門店への依頼が有効です。

近場に楽器店がなくても、宅配買取や出張買取を使えば簡単に楽器を現金化できるので、できるだけお得に売りたい方は楽器の買取比較ランキングにて紹介されているお店を参考に、不要な楽器を買取に出してみましょう。

↑PAGE TOP